2022年度九州大学公開講座「現代数学入門」

九州大学 大学院数理学研究院とマス・フォア・インダストリ研究所 は,福岡県教育委員会の後援を得て, 高校生を含む市民の皆様に楽しい数学の心をお伝えするため,標記の講座を開講いたします.

終了致しました.参加してくださった皆様に御礼申し上げます.ありがとうございました.



講義題目・講師・概要 

 基本群入門(第1日) 

  講師:蔦谷 充伸(九州大学 数理学研究院 准教授)

携帯電話の充電器やイヤホンのコードがかばんの中で絡まってなかなかほどけない、という経験をしたことのある人も多いと思います。このように「物が絡まる」現象も立派な数学の研究対象であることをご存知でしょうか。そういった対象は「結び目」や「絡み目」と呼ばれ、二つの与えられた結び目が「同じ」なのか「違う」のか、など様々な観点から研究されています。この講義ではそのような問題へのアプローチの一つである「基本群」を紹介します。2000年代に入ってようやく解決された有名なポアンカレ予想にも表れる基本群ですが、非常に素朴なアイデアで定義されるものです。抽象的で少し難しい話題ですが、集合や二項演算、群の定義など、基本的な概念の説明から始めて、重要な定理であるファン・カンペンの定理を紹介し、ポスターにも描かれている3つの輪からなる図形(ボロミアンリング)と基本群の関係を見ることを目標にしてお話ししたいと思います。

 データを集めて分析する(第2日) 

  講師:佃 康司(九州大学 数理学研究院 准教授)

一般に,意思決定を下すにはどういう方法があるでしょうか?例えば自身の経験に基づく方法や勘に基づく方法があると思います.場合によっては,客観的事実に基づいて決定したいという動機があるかもしれません.客観的な事実を観察するには,正しい手順で分析することで妥当な結論を得られるような質の良いデータを集めて,手順通りに分析することが重要と考えられます.統計学ではデータを集めるための方法やデータを分析するための方法が議論されます.理論的に正当化された統計的方法は客観的事実に基づいた意思決定を行うための一つのツールと言えるでしょう.本講座では,データを集めて分析する上での統計学の基本的な考え方と,いくつかの分析法を説明します.



開催日・時間

2022年 8月9日(火)~ 8月10日(水)
10時30分 ~ 12時30分,13時30分 ~ 15時30分



会場

九州大学伊都キャンパス ウエスト1号館 D棟4階 IMIオーディトリアム [Zoomを用いたハイブリッド形式].
Zoomのミーティングリンクは申し込み時にお知らせします.
(7月29日記述) コロナ感染状況を鑑み,原則としてZOOM参加とさせていただきます. 現地参加申し込みの方は配布物(8月第1週配布予定)をご覧ください.



受講申し込み

ウェブサイトより申し込み

こちらより必要事項を記入し入力データをご確認の上,「登録」ボタンを押してください.登録完了のメールが届きます.


 郵送での申し込み(可能な限りウェブ申し込みをご利用ください):

はがきに,住所・氏名・ふりがな・年齢・職業(高校生以下の方は学校名・学年)・電話番号または電子メールアドレス を記入し,公開講座受講申し込みと明記して,下記宛にお送りください.

〒819-0395 福岡市西区元岡 744 番地
九州大学 大学院 数理学研究院「公開講座」係



受講料

無料



定員

現地60名, Zoom300名



申し込み受付期間

2022年 6月 13日(月)〜 2022年 7月 29日(金)【必着】

ウェブサイトからの申し込みは当日まで受け付け可能ですが,テキストの郵送は行いません.



お問い合わせ

公開講座メールアドレス  ext-course@jimu.kyushu-u.ac.jp



後援

福岡県教育委員会